« 婚活 | メイン | 反論? »

薬剤師のことを考えるということ

このことの本質を考えるということができるということになれば、そのことをもっと真剣に考えるべきなのだということを知るのである。そうやってそこの本質からものごとを考えると、いいことも悪いこともきっとそうやってそこから抜け出せないとしても、人生の最も大きなしかも大切な意義というものもしっかりとわかってくるのだとも思うのである。そうやってそこから感じることと言うものを僕らが認識するときには、きっとそのことがもっとも大きな活動の論点というものを提示してくれるのだとも思うのである。そういう風にして、そのことを考えるときに、世の中の大きな問題についても考える必要があるということを考えざるを得ないのである。それができるということが僕の意思であるということになるのだとも思うのである。これがぼくらの人生にいったいどういう影響を与えるのかということをもう一度しっかりと見つめるときに、そのことの本質というものも、しっかりと見えてくるとも思うのである。それが僕らの人生の大切な一面というものを僕らにしっかりと教えてくれるとも思っているのである。これが人生における最も大事なことになるとも思えるのである。ということで、薬剤師であるということの意義というものがもう一度しっかりわかってくるともおもうのである。 まあ薬剤師には仙台について書いてあるこのページを読んで欲しい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.admaioraonlus.org/mt3/mt-tb.cgi/43

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2017年01月19日 17:23に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「婚活」です。

次の投稿は「反論?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38