2017年06月01日

座席

飛行機に乗っていると、前の人がガックンって席を後ろに倒してきてびっくりする時がある。
でもべつにそれはいい。
先に「倒しますよ」って言わなくてもさほど気にならない。
ただ、自分の後ろの人が自分の座席の背中を蹴るのは許せない。
子供でもです。安眠の妨げどころか、なにもできないくらいイライラします。
なので、まず子供に「僕ー、またはお嬢ちゃんー、少し静かにしようかー」って言って様子みますよ。
それでもダメな時はキャビン・アテンダントを呼んで注意してもらうか、席の移動をお願いします。
けっこう変えてくれるものですよ、席があればね。

また、もちろん自分も前の席の人に迷惑がかからないように最大の注意を払いますよ、
ま、あまり足が当たることはないですけどねー、足が短いともいう?
皆さんも是非注意してくださいねー、
本を入れたりするときも、結構前の席の人は背中にひびくものなのですよー。
足でけるなんてもってのほかですー。

座席って大事ですね。
かといって一番後ろはアテンダントが仕事してて慌ただしかったり、
トイレが近くて、、、とかね。
いろいろありますけど、皆で協力しあって仲良く、です!

2017年05月01日

ララランド

映画「ラ・ラ・ランド」を見た方いますか?
私は見てませんが、ミュージカルみたい?
ミュージカルが苦手な人でも見れる、と書いてあったのを読んだもので。
もしそうなら、私も苦手なので、でも見れるのか・・・と思っているところです。

あらすじだけは有名ですね。でも内容がミュージカルみたいになってるのは知らなかった。
あらすじはこんな感じです。

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。
映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、
何度オーディションを受けても落ちてばかり。

ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。
彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。

やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、
セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから
二人の心はすれ違い始める……。

・・・こんなストーリーから始まるのです。

音楽もいいし、衣装もいいらしいですよ。
ゴールデン・グローブ賞とりましたね。

ということで、早くDVD出ないかな。

2017年04月01日

そこですか?

時々、ブログが炎上、なんてことが芸能人でありますが、
こないだ読んだ記事は、炎上???したのかどうかは分からないけど、
少しはニュースになったりもしてたのですけどね、

「そこですか?」なとこにつっこんでた。
そこ?ってとこに突っ込んでて、それが炎上って。
皆、なんていうのかな、話題が欲しい?人のクレーム読んで喜んでる?

よく分からない出来事でした。1つしか読んでませんけど。
こういうので毎回炎上してるんだろうか?私も炎上したのを全部読むほど時間はないのですけど、なんなら読みましょうか・・・笑?
人はおかしなところにつっこみを入れるんですねー。

「そこ?」って思ったことはあまりないけど、すごい昔、
インドに行くという友人が、隣の国から入国をすると。
そこで問題になるのがビザですが、「なんとかなる」と軽く言っていて、周りは驚いていた。
その友人の「そこ」は別のところにあって、
「カメラのフィルムってX線でどうにかなるの?」
でして。
そこですか?って突っ込まれてた・・。

あれも笑ったけど、笑えることならいいじゃないですか?
くださらいところで世間も反応しすぎじゃないかなー、って思います。

2017年03月07日

看護師の私が花粉症について思うこと

看護師の私にとって春といえば花粉症の季節…
本当は過ごしやすい季節になるので色んな場所にお出掛けしたいのだけど、花粉症がツラくてあまり出掛ける気分にならないの。
マスクは肌が荒れるし、薬はキツいし…花粉症っていい事ない!
そんな私は看護のお仕事で転職活動中です。

看護師の私は小学生の頃から花粉症でしたが、最近本当に花粉症の人増えましたよね。
昔はもっとクシャミしてる人は少なかったですもん。
未だに花粉症ではない人が羨ましい…

看護師の私はもっと春を楽しみたいのです!
友達にも花粉症の子がいますが、友達は病院へ行って鼻の粘膜を焼いてもらってるんだって…
なんだか痛そうですよね。
私は怖くてできそうもありません…

花粉症に効くって聞くと試してしまいます。
お茶とかヨーグルトとか…プロポリスまで。
でもそんなに効果はありませんでしたよ。
今まで看護師の私に効いたものはこれと言ってありません。

でも不思議なことに花粉症のツラさって春が過ぎるのと同時に忘れてしまうんですよね。
人間ってつくづく忘れてしまう生き物なのだなぁと思います。

来年もまたツラい思いをすることになるのでしょう…
早く特効薬が開発されないかな!
絶対に大ヒットするだろうに…
看護師の私は毎年それを願っているのです。
頑張ろう私!(笑)

2017年03月01日

移民問題

どこの国でも移民はいますけど、イギリスの移民問題は複雑。
EU離脱になったらまた変わるのでしょうけど、今まではEUの国の人はどかどか入ってきて、働くところがないと申請すると国から生活費がもらえた。
その額は、ときにはちゃんと働いてる人より多い。汗

そういうのが問題にもなってEU離脱になったわけだけど、逆に他の国に移民してるイギリス人はどうなるのか?
ちょっと分からない。
誰か教えて。

なんとか手はうつのだろうけど、どううつのか知りたいですねー。
とはいえ、生活費のことは横に置いておくとしても、EU離脱になるとなにかと変化がありそうで、それは、当然悪くなってはいけないわけで、ちょっとイギリスに住んでる人は期待しちゃってる部分もあるのまもしれません。

では日本ではどうなんでしょう。
日本には「移民」という言葉はあまり聞かれないし、積極的にが受け入れてないけど、
いわゆる「在日」と呼ばれる韓国籍の人達はたくさんいますね。
あういう人たちの今後、って考えたら少しはなにか見えてくるのかも??

皆が仲良くいられたら、それが一番いいですね!

2017年02月01日

反論?

なにか相手がおかしなことを言ってるな、となると、つい「ちょっとまって、それ、違うでしょ?」と言いたくなります、言ってます。
これを、黙ってる人が多いじゃないですか、
言ってもたいしたことない、と思うのかな。
そうかもだけど、白黒はっきりさせたくて、どうしても言ってしまう癖があるんです。
よくない?

本当にたいしたことないのかもだし、相手も「あ、そうだったね」くらいのものなのですが、
でもどうしても言ってしまう。
自分でも面倒だなと思いますがどうしようもないのだ。

言われたほうは気分を悪くするのかもですね。
自分だったらしないんだもんね。

いやだなー、この自分の性格。

といっても簡単に変えられないし、自分は自分です、無理に変える必要もないし、
言うべきことすら言わない人よりもいいかなって思いますよ。

少々面倒で気の強い人ではありますが、自分を無理に変えるつもりはありません。
ということで、よろしくお願いいたします(なんのこっちゃ)。

反論、ではないんですよ、つじつまが合わなくて納得いかなかったりするから、
それって、こういうことですよね?と確認してるだけです(笑)。

2017年01月19日

薬剤師のことを考えるということ

このことの本質を考えるということができるということになれば、そのことをもっと真剣に考えるべきなのだということを知るのである。そうやってそこの本質からものごとを考えると、いいことも悪いこともきっとそうやってそこから抜け出せないとしても、人生の最も大きなしかも大切な意義というものもしっかりとわかってくるのだとも思うのである。そうやってそこから感じることと言うものを僕らが認識するときには、きっとそのことがもっとも大きな活動の論点というものを提示してくれるのだとも思うのである。そういう風にして、そのことを考えるときに、世の中の大きな問題についても考える必要があるということを考えざるを得ないのである。それができるということが僕の意思であるということになるのだとも思うのである。これがぼくらの人生にいったいどういう影響を与えるのかということをもう一度しっかりと見つめるときに、そのことの本質というものも、しっかりと見えてくるとも思うのである。それが僕らの人生の大切な一面というものを僕らにしっかりと教えてくれるとも思っているのである。これが人生における最も大事なことになるとも思えるのである。ということで、薬剤師であるということの意義というものがもう一度しっかりわかってくるともおもうのである。 まあ薬剤師には仙台について書いてあるこのページを読んで欲しい。

2017年01月02日

婚活

いまや「婚活」という言葉はブームを通し越して立派な日本語ですね。
以前はあまり口にしなかったであろう人も、堂々と婚活してるとかいうようになりました。
逆にびっくりしています。

その婚活をする(?)会社(?)がカフェもオープンしたとか。
そこも婚活がスムーズにできるような作り(?)になっているとかです、
どんな感じなんだろう。

では、結婚してる人は行けないのかな?
そのあたりは詳しく知らないのですが、とにかくカフェをオープンしたとか。
婚活の企画会社って儲かりそうですもんね。

知り合いが、婚活パーティとやらで相手を見つけて、しばらく交際していました。
でも結果は結婚までには至らず。
何でも相手の人、浮気したそうです、しかも、相手はやっぱり婚活パーティで知り合ったんですって。

結婚相手を探してるのか、遊び相手を探してるのか、このあたりが分からないですよね。

そうしてそんな感じの人と選んだのかって聞いたら(直接ではないですが)
その相手の人、お医者様だったんですって。
お医者様という方が気に惚れたんですよ。

それはいけませんね。

婚活かぁ、、、なんだか大変ですが、結婚したい人、頑張れーー。

2016年12月03日

アスカ、二度目の逮捕!

チャゲアスのASKAがまたも逮捕されたって報道を見てビックリした私。
翌日は看護師仲間との話題はこのことばかり。
二度目の逮捕で今度こそ奥さんとの離婚もあるのかなって思っていたけど
どうやらその可能性はかなり低いみたいだね。
やっぱりそれだけ家族の絆、愛情が深いってことなのかな。
私だったら…たぶん無理だと思う。
看護師という職業を捨てることもきっと出来ないだろうし、
自分のことで精一杯で旦那さんのことまで背負う覚悟は生まれないだろうな…。
今度こそASKAには立ち直ってほしいと思うけど、報道番組とか見ていると
なかなか立ち直るのは難しい…っていう意見が多いよね。
これからの人生、彼はどんな風に過ごしていくことになるんだろう。
彼の曲が大好きな私はちょっとショックです。

2016年03月07日

カフェからスマホで転職

今日はいきつけのカフェからスマホで転職活動をしていました。
いきつけといっても週1くらいで、一杯数百円のコーヒーで2時間くらいのんびりしています。
弟もこんな感じで不動産管理会社での転職&年収アップに成功したみたいなんですよw

いつも使っているパソコンと違い、スマホで転職サイトを覗くのはとても新鮮ですね。
普段スマホ自体あまり使うことがないので画面タッチはあまり慣れていませんが…。

ちなみにここのカフェで有名なのがフレンチトーストらしいです。
私自信あまり甘い物が好きではないので食べたことはないのですが、結構食べに来ている人もいます。

やっぱり女性がメインかな…?と思っていると意外に男性も多いんですよね。
スーツ姿の人もまれに見かけるので、外回り営業の帰りに寄ってるのかもしれません。

今度来たときはフレンチトースト自分も食べてみようと思います。
今度までにまた新しい面接の日取りが決まっていると嬉しいんですが…。

思えば転職活動を始めてから結構な時間が経ったような気がします。
最初の頃は何も分からない状態だったけど、今は一通りの流れやコツもある程度わかるようになりました。

しかし、まだまだこれからですね。
転職を成功させるために妥協はしたくないし、さすがに2回目の転職活動はしたくありません。

今後どうなるかわかりませんが、今以上に気合いを入れていきたいと思います。